魔法コミュのブログ

mixiの魔法コミュをみんなに見てもらえるようにしました☆

何でもあり

新しい魔法サイト始まりました

っていう話をね。してみたいと思うんですけど

今回は一つ前の話の続き的なところもあるので、シャレオツ話読んでから、読んで貰いたいんですけど

一つ前の日記はここから
http://haruharu32.hatenablog.com/entry/20110330


あのね、自分の気持ちとか、夢とか、普段から感じてる想いとか、そういうのをね、ありにして欲しいね


基本的に何でもありですから。どんな想いでも。どんな夢でも。




・・・こんな子がいたんですよ。とある男性と出会い、ぶっちゃけ「したい」と思ったと。個人的には運命だと思ってるんですけど、でも性欲的な事だしなーとも思ってて  


って言ってて。


あのね、何でもいいですから。どこの誰が、性欲的な直感はだめですよ って言いましたかって話ですよ


いいに決まってるんですよ。ぐっときたわけですから。いずれにしろグッと来てるんだからね





そんな風にね、自分の思いに優劣を付けて欲しくないね


優劣付ける基準てのは、結局は社会的なことだから


社会的には、あまり性欲ってのを表に出してはいけないから、だから性欲的な直感は、ちょっとね  って事なんですよ。要は


でもそんな社会的なことなんて関係ないから。じゃあ100年前はどうよ。1000年前はどうでしたか。今の時代でも、他の国ではどうですかって話だから





とにかくね、自分の中に生まれた想いとか、考えとかさ。行動とか、今の状況とか、とりあえず何であれ、何でもありってのは覚えておいて欲しいね


そうするとね、もっともっといい事も起こるし。自分の中での楽しみも広がるから





あのね、今からウソを言いますよ





今から、僕は大ボラを吹きますから。オオカミ少年よりもひどいウソをつきますからね。そのつもりで読んで欲しいんですけど





俺がmixi始めた理由なんだか知ってますか?

・・・そう、あれは今から5年前の冬のこと・・・(回想シーン)





当時友達に、ナンパ行こうぜって言われて。いやー寒いから無理だよって話して

そしたら友達が、「なんか今mixiってのが流行ってるらしくて、そこだと女の子と仲良くなれちゃうらしいよ!??」




って言い出して




俺「え!?ほんとでございますか~!??」

f:id:haruharu32:20121224204616j:plain



っていうね。それで始めたから。最初はね。


しかしまた出ましたね。このうさぎ。同じウサギのキャラなのに、ACのありがとうさぎとは大違いだぞって言う。お前は絶対ぽぽぽぽ~ん出来ないからっていう


お前絶対シルバニアファミリーには入れないぞって言うね。奴ですよ。俺は好きだけどね。こういうやつ大好きだけど


ともあれ、そんな理由で始めた訳よ


それがあれよあれよという間にこんな感じですよ。って事はさ、俺のエロ心がなければ、みんなはこれを読んでないって事だよね。魔法も知らなかったかも知れないって事ですよ




以上で僕のウソを終わりますけどね。当然ながら、ここまでの話は全てウソですから





僕はね、地球上で最もエロを憎んでいる男ですから。エロ撲滅委員の会長ですから。
平成の磯野波平と呼ばれた男ですからね


坊主頭で悪知恵の働く子供が何か悪さをしたら バッカモーン!! っていうし。


何かを肯定する時は、着物の両側のびろーんてなったところに手を突っ込む感じで腕を組みながら 左様 っていうし。



だからこれを読んだお父さんお母さん方もね、安心して欲しい。




え!?そんなこと言って、うちの娘が奔放な性の快楽に溺れてしまったらどうしましょう・・・!!  



なんてね、思わなくていいよ。俺がびしっと言っとくからね。左様 って言っとくから。安心して欲しいんですけど



もしくは逆に、娘さんの方がこれを読んで お母さんが奔放な性の快楽に。。。って思ってるかも知れないけどね。
っていうか奔放な性の快楽って言葉が面白くなっちゃっただけですけど


ほんとにファミリー向けにやってく気があるのかって話ですけど。一応ありますよ。いちおうね





ともかくね、そういう事よ。自分のどんな気持ちもね、認めてあげて欲しいね。

それをね、隠さなきゃとか、すぐに捨てなきゃとか、思う必要はないね。


それは絶対どこかで役に立つし、あなたの人生を楽しく、もっと豊かにする物だから。それは間違いないからね。


他のでもそうですよ。どんな気持ちでもね。誰かにムカッと来たとかさ、そういうのも、とりあえずはいいわけよ


誰かにムカッと来た。ムカッと服を着てると。ここがわからない人は一つ前の話を読んで欲しいんですけど。ムカッと服を着てると


で、着てること自体はいいじゃないですか。別にね。いいんですよ。ほんとに


で、それがもし、自分で気に入らなければ、好みの服でなければ、着替えればいいってだけの話ですからね。それだけですから




極端な話、あいつ殴ってやるぜ!! っていう気持ちから、ボクシングのチャンピオンになり、みんなに勇気を与える人だっているわけですから。いずれにしろ、自分の気持ちはまず認めてあげる事ね。オッケーしてあげるといいですよね



何を思ってもオッケーだなってなると、冷静でいられるからね。しれっとしていられますから。


まずそこが大事ですよね。なんでもありですから




奔放な性の~の所に話を戻すけど、なんでそういう風に思うかと言えば、それは心のどこかで


自分のしたいこと、やりたいことに本当に素直に従ったら、誰かに迷惑をかけたり、悪いことが起こるんじゃないかなぁ


と思ってからなんですよ。ここは真面目な話で。


でも、そんなことは一切ないから。ほんとに。それはさ、自然界見ればわかるじゃないですか






野生の動物とか昆虫、植物は、あいつらは良い、悪いの判断で動いてるわけじゃないんですよ


例えば植物が花を咲かせると。それはさ、「良い事しなきゃけないから、疲れるけどしょうがなく花を咲かせるかぁ」

っていうので咲いてるわけじゃないのよ



あいつらはさ、咲きたいから咲くわけじゃん。太陽の光を浴びてたら、なんかみなぎってきたと。テンションあがってきた。やばいやばい・・・やばいよ・・・テンションあがりすぎて・・・・パーン!\(^o^)/




みたいな事で咲く訳じゃないですか。で、そうやって咲いた花の蜜をミツバチが勝手に持って行ったり、なんやかやで受粉して種をつけたり、二酸化炭素吸収して酸素出したり って事でさ


花からしたら、それこそ自由奔放に生きてるわけ。自由奔放に生きてて、結果的に周りの役に立ってるよ って事じゃないですか






それが本当だから。だってみんなもさ、自然の一部ですよ。それは間違いないじゃないですか


そこに咲いてる花と同じですよ。何も変わりない。だったらさ、自分の好きなようにして、それが全ての人の役に立つに、決まってるじゃないですか




当たり前のことですよ。もしね、自由にしてたら迷惑かけた と思ってる人がいたら、そういう経験をしてる人がいたら、それはね、着てる服が合ってないね 


多分ね、 「好きにしてたら迷惑かける」服を着てるはずだから。それはさっさと脱いだ方がいいね


花たちは、そんなことすら考えないから。ただ咲く。ただ呼吸する。ただ生きてる。ただ好きなことしてる。それだけだから






それで全てうまく回るから。それはね、俺が保証する以前に、この地球が保証してるね


このガイアがね、俺たちに囁いてるね。自由に生きろと。そしてもっと輝けと・・・


f:id:haruharu32:20121224204618j:plain

↑これはネット上では有名なネタ画像でね。見たことある人も多いと思うんですけど。メンズナックルって言う雑誌の記事らしくて、かっこよさげでダサ面白い感じのコピーが人気なんですけど


これとか

f:id:haruharu32:20121224204620j:plain



これとかね

f:id:haruharu32:20121224204619j:plain

↑これはちょっと違うけど




ともかく、ほんとね、そうよ。だってさ、自分の好きに生きて、自由にやって、それで周りに感謝されたら、最高じゃない?

この世界ってのはもともとそういう風に出来てるから。元から、はなっからそういう風に出来てるから

俺を見ればわかると思いますけどね。俺はさ、こういう話を、「こういう話をした方がいいんだろうなぁ」なんて思って書いてないわけ


ただ、書きたいから書いて。書いたら役に立って って話。役に立つのはおまけだね。それこそおまけみたいなもんだから




みんなもそうだから。だからほんとにね、自分の中にある物を全て認めちゃうと良いよ。どんな願いも、どんな思いも、エロだろうが何だろうが、自分の中にあるならね、もうそれだけで認めて良い。ありにしていいね。


自分が思ったと言うだけで、ありにしていい理由になるから。ほんとにね



で、認めるじゃん。良いと思うぞと。怒っても良い、泣いても良い、笑っても良い、なんでもいいと


そうするとね、そういった感情のうまい表現方法ってのも、自然に見つかるのよ




とりあえずここからは夢や普段の思いというより、感情の部分に注目して話を進めていきますけど。ここからは後半部分だね




例えばさ、怒るじゃん。怒った時に、なんだお前は!! っていうだけだと、ただ怒ってるだけだけど


お前は何なんだ、よっ!(足で地面をドンッ)  みんな(ぴょんっ)


これはダチョウ倶楽部の竜ちゃんがやるおなじみのギャグですけど。キレたフリして足でドンッてやって、周りのみんながそれにあわせてぴょんって飛ぶって言う


こうするとさ、面白いじゃん。同じ怒るにしてもさ、こういう怒り方なら面白いじゃないですか





結局感情って言うのはエネルギーだから。良いも悪いもなくね。エネルギーよ。って事は、あとはそれを自分がどう使うかでさ



例えば失恋しました。泣いてます。でもその思いを胸に歌を作ったら100万枚売れました。みんなが 勇気づけられました! って言ってます


そうなるとさ、失恋で悲しんでるのは、全然悪い事じゃないよね。結局はそれを自分がどう使うかだから


もちろんこれはわかりやすい例でさ。みんなは別に竜ちゃんになる必要も無いし。エイベックスと契約する必要も無いんだけどね。それぞれにちょうど良い使い方が思いつくから。ぱっとね





思いの表現方法は無限だから。元がどんな思いでも、それをどう表現するか、その方法は無限にあるから

そしてどんな思いを持っていても、自分のしたいことは出来るから。例えばさ、これは怒らなきゃしょうがない、怒らなきゃ解決しない と思うような状況があるとしよう。怒る以外に、解決の方法がないと



でもそんなことはないからね。それこそ怒りながら周りを笑わせることが出来るように、自分が楽しみながら解決する事も出来るから。

どんなことでもね。この世界に不可能はないから。なので自分の好きなやり方、本当に大好きで楽しいやり方でやってもらえればいいと思うんですけど





で、どんな気持ちだって楽しく使うことが出来る。好きなように出来るそれがわかってくると、今度は、自分の気持ちそのものも選べるようになってきますから



例えば、あなたが怒ってると。野球の星野仙一よろしく怒ってる



で、怒っても良いと。怒っても良いですよ。全然オッケーだと。そのまま怒り続けても良いし、何してもいいぞと。どちらにしろ良い風になるし、楽しいように使えるし



そうするとさ、自分が怒るかどうかは、もう自分の好みで選択できるじゃないですか



自分の好みとして、怒りたいのかな、どうなのかなと


社会的に、怒るのがダメと言われてるからやめる  じゃなくて。だって、怒ってても良い結果は来る。自分次第でどうにでもなる。楽しくなれる


そうなると、もう自分的に、自分として、もう怒りたくない ってなるかもしれない。怒るのは自分の趣味じゃない。自分らしくない。そもそもめんどいし。疲れるし って。



そんな風に、純粋に自分の意志で怒るのをやめたとしたら、それが本当の決断だよね。誰に言われたからでもなく、自分がしたくないから、しない。それはね、本当に強い決断だし、価値のある物だね。

もちろん、怒っても良い。どちらにしろ、自分の本当の決断になるから。それこそ星野さんとかは、適度に怒ってた方が調子良いかもしれないし。そういう人だっているんだしね。





楽しいことも、 はるはるさんが楽しいことしようと言ってるから、しておくか  じゃなくてさ。社会的にとか、誰かが言ってたからとかも置いといて


自分がしたいから、それが自分の趣味だから、それが自分に合うから、します。良いとか悪いとか関係なく、したいからします

っていう風に選べるようになるし。そうなると本当の決断だからね。





服で言えば、流行ってるから着るとか、流行ってないからやめるとかじゃなくて

着たいから、着る。好きだから着る。着たくない物は着ない。って事ですから






だからね、それをするためにも、いいよね。、まず自分を全て認める。考えも、行動も、何もかもをありにする。なんでもありにする っていうね



自分の全てを認めて、そこで初めて、自分の好みで選べますから。好みで選ぶわけよ。個人的な趣味で選んでいけば良いんだからね。服を選ぶように





じゃあまとめましょうか。とにかく大切なのは、まず自分の思いを全て認めようぜと。なんでもありだぜと



何でかって言うと、どんな思いや状況でも良い風に使えるし。楽しいことに使えるし。竜ちゃんのごとくね




後半で挙げてるのは怒ってるとか悲しい気分ですけど、他のでも何でもそうよ。エロでもさ、お金持ちになりたいって言う気持ちでもさ、どんなことでもそうですよ。


とにかく全てね。自分の全てを認めようと。それは全て良い風に繋がるからと。信頼しようぜと


そしてそれがわかってくると、例えば怒るとか、悲しむっていう気持ちも良い風に使えるんだなぁとわかってくると、逆にウキウキしてくるかも知れないよね。

この気持ちが、どうなるんだろうっていう。どんな風に楽しくなるんだろうって、ウキウキしちゃうかも知れないし


そしてそれにだんだん慣れてきましたと。実感として、あー確かに怒っても大丈夫だし、悲しんでも問題ないわ。ってなってくると


そもそも、悲しんだり、怒る必要もなくなってくるからね。



勝手にね。自然にそうなっていくんですよ。だって怒らなくても良いなら怒らないし、悲しむ必要がほんとにないとわかったら、誰も悲しまないじゃないですか。へこみながら生まれてくる赤ん坊はいないからね


だから、それに気づくにつれて、自分の気持ちを選べるようになってくるから。服を選ぶようにね。自然にそうなりますから。


これも焦らずね、ゆっくりやっていくといいね。自分のペースが一番だから。マイペースに、やりたい時にやっていくといいよね



というわけで、色々書いてみました。また気持ちが揺れたりすることがあればね、この話を読めば、それを良い風に使えるってのを思い出せて、良いんじゃないかなと思いますよ





というわけで、またね☆



*イイネやコメントお気軽に☆転載拡散はご遠慮くださいな☆



続いてはこちら
3 りぼんっ子  (恋愛での思い込みの話)
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1698705842&owner_id=8222626




おまけの魔法のお話に戻るのはこちらから
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=893419343&owner_id=8222626