魔法コミュのブログ

mixiの魔法コミュをみんなに見てもらえるようにしました☆

幻の左のワンシーン!

新しい魔法サイト始まりました

一つ前の続きなので、まだの人はそちらから☆



はいカァーーーッット!!!
http://haruharu32.hatenablog.com/entry/20110902





この世界って、夢な訳ですよ。でね



寝てる時に、夢を見るでしょ。その時に、あ、これ夢だ!って気づく方法で、一つ有効な方法があって





それは何かって言うとね、例えば、会社にいるでしょ。そういう夢を見てる。




で、なんとなーく 「これ、夢かな?」って思うわけ。でも、確信が持てない。そういう時にね、夢の中でこういう行動をするといいんですって






どういうのかっていうと、もうその状況からぶっ飛んじゃうのよ。例えば会社にいたら、もういきなり立ち上がって、外に飛び出しちゃうとか!



そんな風に、思い切ったことすると、はっきりと 「あ、夢だ!」 って気づけるらしいんですけど







現実も(正確には、現実と思い込んでるこの夢も)同じでね。もう、ぶっ飛んだことしちゃえば、意外に夢だと気づけちゃうんですよね






で、さっきさ、この現実も夢なんだから、好きなシーンだけ体験してればいいよ って言ったじゃないですか




それはつまりね、いつでも自分のなりたい自分、いたい自分でいればいいってことなんですよ





例えば仕事してて、上司に呼び出されて、怒られたと




その時さ、今現在自分は、 「上司に会社で怒られるの図」 っていうシーンにいるわけじゃないですか




でね、そこでさ、自分がうつむいてね。 「はい・・はい・・・すいませんでした・・」って言いながら



心の中でも 「あーあたしはだめだな。だめだわ。ダメダメダメ子ちゃんだ。モースト・オブ・ダメあたしだ」


と思ってるとする。



でもさ、そんなシーンいやでしょ?必要ないでしょ?自分の中で。

どうせ夢なんだから、自分のしたい体験をしたいでしょ?




じゃあ、どうすればいいか。その場からダッシュで逃げる ってのも一つの手ではありますよね。




右手にサバ。左手に荒縄を持って、黒潮が来るぞおおおおおおおおおおおおおおお!! と叫びながら会社を飛び出していったら、きっと誰も追ってこないし、そのシーンから外れることが出来ますけど、そこまで極端にやる必要も無くてね。きっと会社も外されちゃうから







じゃあその 「上司に会社で怒られるの図」 をもっと簡単に変えるにはどうすればいいか。そのシーンを、自分好みのシーンに変えるにはどうすればいいか






まずこのシーンていうのは、2つの要素から成り立っているわけ


1 怒っている上司

2 落ち込んでいる自分





この2つがあって初めてこのシーンは成り立つわけ。だからもし上司が急に笑い出して、足から煙を噴いてロケットのように上空3000メートルまで飛び上がっていったら、このシーンは 「上司に会社で怒られるの図」 ではなくなるじゃないですか 「上司だと思っていたけど実はロケットだったの図」になるじゃないですか






でも、相手が変わるのを待つより先に、自分が変わろう という格言の通り、まず自分が変わってもいいわけですよ


つまり、1の 上司が怒る の部分が変わってもそのシーンは変わるし、 2の 落ち込んでる自分 が変わっても、そのシーン自体が変わっちゃうじゃないですか





だから、その怒られてるシーンでも、自分が落ち込まなければいいわけ。例えば、しれっとするとか






前にドラえもんのしれっとした顔出しましたよね。あんな顔してればいいわけ。




しれっとするのを忘れた人のために出しておくと、しれっとしてるのはこういう顔ね




f:id:haruharu32:20121224204820j:plain

こういう顔をしながら、上司の話を聞けばいいわけよ。無だよね






ですよ。無の顔をしながら、聞いてればいいわけ。





そうするとまずね、「このシーンをどういうシーンにしようかなぁ」 っていう、一歩引いたところにいけるわけよ




つまり、怒られてさ  「どうせ私なんてどうせ私なんてどうせ私なんてどうせ・・・」


f:id:haruharu32:20121224204522j:plain

↑これはテストで1点取って落ち込んでるシーンなんですけど





ともあれこういう状況だと、 「どうせ夢だから、ぱぱっとシーン変えちゃおうよ!☆」




なんて気分になれないわけ。そもそもそういう気分にならないわけ。のれないわけね




要はオシシってるわけ。だからまず、前向きになるとか以前に、無になる訳よ


f:id:haruharu32:20121224204819j:plain



無になると、冷静になれますから。




で、無になる一番簡単な方法はね、表情変えることだよね



ほんとにね、この顔してみな


f:id:haruharu32:20121224204817j:plain



それだけでね、心が無になっていくのを感じられるね




上司に怒られていようが、この顔をしていれば無でいられるし






例え、さい銭箱に5円玉を投げ入れて

f:id:haruharu32:20121224204827j:plain



それがはじかれ


f:id:haruharu32:20121224204824j:plain



地面に落ちたとしても

f:id:haruharu32:20121224204826j:plain


・・・・


f:id:haruharu32:20121224204825j:plain





この顔でいれば、問題はないし。







例え、神社のふすまが頭をぶち破ろうとも


f:id:haruharu32:20121224204822j:plain


例え、賽銭箱のガラガラする鐘が頭にあたり、身体が地面にめり込もうとも


f:id:haruharu32:20121224204821j:plain


なにがあったって・・・

f:id:haruharu32:20121224204823j:plain






無でいれば、なんてことないわけよ。



そもそも無になった時点で、既にシーンは変わり始めてますからね。最初の会社の例で挙げると


「上司に会社で怒られるの図」  を成り立たせるには、怒ってる上司と、落ち込んでる自分の2つで1つだから


でもそれが 1 怒ってる上司  2 無 


だとさ、もう既にシーン変わってるからね。で、このまま自分の変えたいシーンに変えちゃえばいいわけ






じゃあどう変えようか。

例えばこれが、怒られてるんじゃなくて、誉められてたらどうだろう。誉められてるシーンに変えちゃおっかな!って思う訳よ。無の状態でね、そんな事を思うの




じゃあ、誉められてるとしたら、あたしは笑ってるよな。じゃあ、笑ってみようかな! とかね



で、ここで笑ってみると。下向いて笑っておきましょうか。謝ってる振りして、上司に表情が見えないように下で笑うわけ。小さくガッツポーズもとるわけ




そうするとね、シーンが変わるんですよ。上司が怒ってるでしょ



上司「ガミガミガミガミ・・・・まぁ、そういうことだから、気を付けてくれたまえよ!





・・・でもまぁなんだ、君もよくやってくれたよね。そこは認めているよ。だからまぁ、明日は有休でも取って、身体を休めておきなさい」






とかね、なるわけ。




だってこの世界夢だからね。寝てる時の夢だったら、こんな風に変わっても不思議じゃないじゃないですか。それと同じですよ




結局はね、自分次第だから。全部自分次第ですよ。どうとでもなるからね




例えば、すっごい楽しい遊園地。でも遊園地だって、結局自分が楽しいから楽しいわけだから



もしジェットコースターのってても、自分がこんな感じだったら



f:id:haruharu32:20121224204812j:plain

楽しくないですよね。無だからね



観光地とかでよくある、顔をはめ込んで写真を撮るパネルも

f:id:haruharu32:20121224204813j:plain

↑これなら楽しいじゃないですか。自分が楽しんでるから


でも・・・



f:id:haruharu32:20121224204814j:plain



ね?





だからね、自分次第ですよ。自分が楽しければ、何でも楽しくなっちゃうんだから




だから怒られたり、いやだなと思うシーンに自分がいるな




あ、今自分は、辛かったり、悲しい夢を見てるな と感じたら






シーンを変えればいいわけ。もうそのシーンはいいと、変えようと、じゃあ変えようと




辛かったり悲しい時は、無になればいいわけ。無になればね、無だから。今の状況にもなんとも思わなくなるから




そうなったら、自分でさ、やりたいシーンを選ぶと良いよね。「とりあえずなんも思いつかないけど、楽しくなりたいから、笑ってみるか!」 とかさ。



好きな人から連絡来なくて、落ち込んでる



でも、そんなシーンいるかな? って事よ。そのシーンいりますか。もしいらなければ、どんなシーンが欲しいかちょっと想像してみて、やってみるといいよね。


で、その理想のシーンの自分が笑ってたら、笑えばいいわけ。そうすると、もう世界が変わって、周りも変わりますから


なんでもそうだからね、やってみるといいですよね




自分で、シーンを選ぶぞ!って気持ちをね、常に持ってて欲しいね。実際選べるから




寝てる夢の中で出来る事が、この現実の夢で出来ないわけないでしょう?




寝てる夢と、この現実の夢の違いは何かと言えば、ただ一つですよ。



時間があるかないか。それだけですからね




たった一つですよ。それだけですから。逆に言えば、それ以外の違いなんて何一つ無いし



もっといえば、時間ですら、自分たちが楽しく生きていれば、なくなっちゃいますからね






特にこのね、無を使うとね、時間は早くなるね。




結局、自分の気持ちが切り替わっちゃえばいいわけ。でも、ショックなことがあると、なかなか変われないでしょ。だから、現実のシーンが変わるのも遅いんだけど



でも、まず自分が!ぱっぱぱっぱと変われるようになれば、それにあわせて現実もぱっぱかぱっぱか変わっていきますから



なのでね、やってみるといいですよ。おすすめだね。もちろん、これはサプライズだと思うのでも、この無のヤツでも、なんでもいいんですけどね、やってみるといいですよね






さて








もう皆さんご存じのようにね、俺は今 日常 ってアニメにはまってて


で、この無の顔がすげー面白くて、使いたいなーと思ってたの。特に、幻の左を使って書きたいなと思ってたの

f:id:haruharu32:20121224204814j:plain


そのシーン、幻の左を載せて日記を書く というワンシーンのためだけに今回の日記を書いたって感じだね。ただそれだけだね



良い事書こうとか、みんなの役に立ちたいとか、そういうのもなくはないけど、一番のメインは幻の左だね。このためだけに書いてみたので。





みんなもね、そうやってくといいですよ。ワンシーン決めちゃうわけ。このシーンが見たい!このシーン経験したい!って







マイミクでもね、こんな子がいるのよ。その子は、オリラジの藤森に 「き〜みかわうぃ〜ねー!」って言われたいなー 言われたら面白いなー って考えてたんだって




そしたらなんと、そう考え始めてから数週間後に、その子の働いてるお店にオリラジがロケで来て、言われたんだって! き〜みかわうぃーよねー って




それはね、そのシーンだけ思い続けてたからだよね。子どもの心を忘れてなかったからですよ。これが忘れちゃうと



あー藤森にそう言われたいな−。 でもそう言われるって事は、きっとあたしはタレントとかにならなきゃいけないよね。あーじゃあ、事務所の面接とか受けようかなぁ


ってなるわけ。で、受けるのが嬉しいならともかく、そういうのってだいたいワクワクしないんですよ。


なぜなら、自分は単に 藤森に かーわうぃーねー って言われる、そのワンシーンをやりたいだけだからね。自分がタレントとか関係ないから






だからね、その夢のワンシーンだけを思って、感じて、生きていけばいいわけ。そうすると、なぜか!自分の職場にオリラジが来て!しかも、かわういーね〜って言われちゃう! って事になりますから。



しかも、あっという間にね!あっという間ですから。その、理想のシーンだけを思ってれば、一番早いですからね


そのマイミクさんからしてみれば、もう思ってもない方向から叶ったわけですけど。そうなってますからね






だからね、夢のワンシーンを感じて、やってくといいよ。日常を、日々の生活をね、ワンシーンごとに区切っても良いよね



そうするとね、 あ、このシーンは良いぞ このシーンはいらないぞ ってのがわかってくるから。



で、いらないシーンは、もうそこに関わらないとか、今回書いたようなやり方で変えていけば、もうなくなっちゃうわけだから。





そうすると、自分の望むシーン、楽しいシーンだけの日々になっていきますから。人それを、魔法で幸せlifeと呼ぶわけですけど





そうなっていくからね。よかったら、やっていってみてくださいませ☆





じゃーまた☆イイネやコメントはお気軽に