魔法コミュのブログ

mixiの魔法コミュをみんなに見てもらえるようにしました☆

イヌとネコ

新しい魔法サイト始まりました

今回は、楽しく生きるために必要なお話をしていこうと思うんですけど


結構こういう人が多いんじゃないかと思うんですよ



例えば!テストがありましたと。はりきってやったんだけどいまいち出来なくて。1点だった

f:id:haruharu32:20121224204521j:plain

そういうときって、落ち込むじゃないですか。1点だ・・って。しかも、あたしが1点だ・・ って感じで落ち込むじゃないですか

f:id:haruharu32:20121224204505j:plain

でも、そこで思い出して欲しいんですよ


確かにテストは1点でしたけど、あなたは1点じゃないんですよ。あなたは100点なんですよ



ここがごっちゃになりやすいところなんですけど。だいたいの人って


テストが1点だった

仕事でミスをした

彼に振られた


とかがあった時。


それは単に、

「テストで1点取った」 「ミスをした」 「ふられた」


ってだけの事なのに、何故か自分自身の点数まで1点だ、自分は低い点数だと思っちゃうんですよね




「自分自身の価値」 と、仕事の優劣、恋愛がうまくいってるかどうか、テストで良い点とったかどうか ってのは


全く関係ないんですよね。それを覚えておくと良いですよ




つまり、テストで1点取った。

でもそれは、例えば国語のテストなら国語のテストの問題が解けなかった ってだけのことで、あなた自身の本当の価値とは全く無関係ですよね。あなたはいつでも100点ですよ。



その話をもうちょっと進めてみると、例えばですけど、あなたの好きな俳優さんとかタレントを思い浮かべてみてくださいよ


誰でも良いですけど。向井理とか、アランドロンとか、市川團十郎とか、誰でも良いですけど。好きな有名人ね






で、その人が今あなたのしてる仕事を手伝ってくれたとしますよ。あなたが経理をやってるなら、経理を手伝ってくれた


もちろん失敗するでしょう。たぶんその有名人さんは、経理の仕事した事無い可能性が高いから



でもですよ、想像して欲しいんですけど。


例えばあなたの仕事場に、いきなりマイケルジャクソンが現れた。職場騒然ですよ。


そこでマイケルが急にあなたの隣の席にきて、

『君の仕事を手伝わせてくれ』っていうわけ
*『』内の言葉は英語と思え



で、あなたは半分泡を吹きながらマイケルに、じゃあこの経理の書類を・・・って渡すわけ



でもマイケルはそれを受け取って、にっこり笑ってこういうわけ。

『ごめん、僕は日本語が読めないんだ。ダッ』

って。かけ声と共にポージングしながら





そう言われてさ、怒る人いないでしょ。

「あんた日本語も読めないのに、お手伝いしますなんてよく言えたものね!」


なんていう人いないと思うんですよ。もうマイケルが来たってだけで感動&興奮で、どうしようどうしようってなるわけでしょ。もちろんここはマイケルじゃなくても、好きな有名人に置き換えるとわかりやすいと思うんですけど



それはつまり、マイケルの経理としての仕事ぶりは日本語も読めないという事で0点かもしれないけれど、マイケルの存在価値は100点てことじゃないですか


100点だから、出来ても出来なくてもいい訳よ。そういう感じ





で、それを自分にも当てはめましょうねって言うお話なんですよね



あなたも100点なんです。100点なのに、20点のふりとか、1点のふりをしてるだけなんですよね



それに関連して、もう一つ話してみましょうか



だいたいの人は、自分の人間としての価値は、周りからの評価だったり、実績がないと価値がないと思いがちなんですよね


つまり、テストで100点を取ったから、あたしも100点なんだ! とか


仕事で最高の結果を残したから、100点だ! とか

もちろんそれはそれでいいんですよ。でもそれはあくまで、自分で決めてるだけなんですよね



つまり、「100点を取ったら」→「自分を100点と認めよう」

「彼と付き合えたら」→「自分は100点の素晴らしい人間なんだ」


っていう風に、条件を決めてるだけなんですよね。でも魔法的にはそんなの必要なくて



自分が何もしてなくても、何も出来なくても、何も達成しなくても、自分は100点だと決めて良いんですよね




で、その経験はこれを読んでる人なら全員あるはずですよ。自分は何一つ出来やしないけど、100点で素晴らしいなぁ と心底思ってた時期があるんですよ



それは、生まれたての子供の頃ですよね




赤ちゃんて基本何もできないじゃないですか。掃除炊事洗濯、何一つできませんよね。というか、移動すらままならないわけですよ。トイレすら行けないし



トイレ行けないだけならまだしも、おしっこしておしめをそのままにしてたら、泣き出す始末ですよ。


「おぎゃーー!!おぎゃーー!」 って。これを翻訳すると


「おい!!おしめ濡れてんぞ!!なんだこれ!!さっさと取り替えろ!!おぎゃーー!!」



って事だと思うんですけど



傍若無人も甚だしいですよ。自分でトイレ行けない上に、おしめを濡らして交換を要求するなんて。



でも、それに不満を覚える人はいないわけですよ。 あーはいはい って感じでみんな変えてくれるわけ。で、赤ちゃんがニコニコ笑顔でいると、周りの人たちは  あー子供って素晴らしいねぇ って感じるわけ




つまり何にもしてないのに、100点として愛されてるわけ。



これはなんでかっていうと、 赤ちゃんだから じゃないんですよ


赤ちゃんはみんな、自分の事を100点の価値がある存在だと思ってるんですよ。それだけ自分の事を愛してるから、周りも愛してくれるんですよね



他の例で言えば、動物たちもそうですよね。犬やネコも何もしないけど、手間はかかるけど最高に可愛いし素晴らしいでしょ。


それは彼らが、自分の事を100%愛しているからね。だから周りも愛してくれるわけ




話は変わりますけど、なんか犬って他の同じような動物に比べて扱いが悪いですよね。なんかそう感じるんですよ


だって漢字からして、「犬」ですよ


ネコとかはさ、「猫」でちょっと難しい立派な漢字じゃないですか


「狐」とか、「狸」もりっぱな漢字ですよ。ちゃんとしてますよ



「犬」 て



「大」に点つけただけですよ。せめてけもの偏くらいつけてやれって話ですよ。この辺を漢字博士に聞いてみたいね

*追記
調べてみたところ、犬 って漢字は、それ自体がけものへんで、けものへんの元になってるらしいです。犬、やるじゃないか






それはともかく




今回は、自分を愛してください って話なんですよ。で、自分を愛するのに理由はいらないって話なんですよ。

自分が自分を大事にすると、周りも自分を大事にしてくれますから。世の中そうなってますから




だから、常に自分を愛している状態にいて欲しいね。




最初の話に戻ると、例えテストで1点だろうが、仕事でミスしようが、ふられようが、それはそれなんですよ



それはそれ、これはこれで、自分の価値とは全く関係ないわけ



確かにテストは一点だったけど、あたしの価値は100点で揺るぎない!!



そんな感じでいてほしいわけ。で、そういると



勉強もはかどるんですよね。仕事のミスも取り返しやすくなるし、ミスもしなくなるんですよ。




わかりやすくいえば、同じ算数の勉強を子供に教えるにしても


あなたは素晴らしい子だわ!!間違えたって気にしないで。さ、もう一回やりましょう


って言うのと


なんてだめな子なんだ!


って言いながら勉強教えるのでは、覚え方が全く違うんですよ。みんなもそれと同じね。




だから自分の価値を大切に。周りの状況とか、誰かの言葉で自分の点数を決めたりしないように。自分の点数は自分で決めていくようにすると良いですね。それだけで魔法が起こるので




これができるようになると、常に幸せな気持ちでいられますから。

幸せな気持ちでいる  っていうのは、魔法使いにとって最重要項目の1つですから。



常に幸せを感じて、楽しんで毎日を過ごしてみてください☆


魔法の話まとめに戻るのはこちらから☆
http://haruharu32.hatenablog.com/entry/2017/10/10/000000